Small Happiness

たきの進歩

がんちゃん


先日我が家に来て3ヶ月を迎えたたき

12月から1月にかけて
ステロイドの減薬を急ぎすぎて


状態だったんですが、







今月に入ったくらいからようやく






触られても痛くない
と思ってくれたようで

撫でても平気になりました。






触られるのが嫌いな子や
ハンドシャイの子がいても
それは個性の一部と思いますが

たきの場合ははじめOKで
家に来てからダメになったので
できれば修正したいなぁと思っていました。








少しずつ少しずつ
嫌がらない程度に触って
マッサージしてを
1ヶ月ほど続けて





何とか他の人が触っても
大丈夫になりました。

でも触りすぎると歯を見せます。

とは言え
いきなり本気で噛むわけではありませんが。


そんなたきが我が家に来た時から
絶対に嫌がるのが
「足拭き」




散歩で汚れた足を拭こうとすると







この顏でギャー!!アーー!!
と大騒ぎして
歯を当てて来ます。

こちらも足拭きができる程度には
慣れてもらいたいな~と思います。





ちなみに撫でられるの大好きな
てんちゃんは





撫でて欲しい所を差し出して来て






体を動かしてきます


撫でる手を止めると





近づいて来てアピール






さらに
体当たりしてきます。






あんた達のそういうとこ
足して2で割りたいわ~。




スポンサーサイト



Posted byがんちゃん

Comments 6

There are no comments yet.
なっちゃん  
No title

いつか、いっぱい撫でてもらえるようになって、いっぱいシアワセ感じて欲しいな🍀

koyucba  
No title

タッキーをそぉっとなでなで、てんちゃんをぐわんぐわんナデナデしたい欲望にかられました、笑笑。好きなこと嫌なこと、犬も人も千差万別ですよねぇ。その子その子の個性を大事にしながら、毎日の生活が豊かになるよう寄り添っていけたら、わんこさんたちは一番幸せなんじゃないかな?っと思っている私ですが、昨日散歩でお節介なおじさん(悪い人ではないし、その方の意見も一理あると思います)に、こゆりの態度をきっかけにして、犬の躾は、虐待するすれすれまでしないと言うことなんかきかないんだよ!的な感じでいろいろと諌められたので、がんちゃんのわんこに対する愛情あふれるブログをよんで、ほっこりした私なのでした。(がんちゃん、いつもありがと~)ちなみに、そのおじさんと一緒のわんこは、たしかにおじさんの言うことは聞くけれど(指示には従う)軍隊の訓練みたいで、目に輝きがないようにみえて、ちょっと哀しくなりました。

pochimaru  
No title

タキさんも色々な苦労があったようですね。
ぽちこの事を思い出します。
でも、タキさん、良かった。少しずつ撫でさせてくれるようになったのですね。足拭きも、痛くないと学んでくれるといいです。「無理をせず、でも諦めない」という
がんちゃんの姿勢、エライですね。
うちも、放っといて・触らないで派のぽちこと、ぺたぺた触って・撫でて派のまること、足して2で割るとほど良い犬になるのになーと思います。
(但し、まるこは、病院でエコー検査をするようになってからは知らない人に触られると歯を剥くようになりました。。。)

がんちゃん  
No title

> なっちゃんさん
撫でられることは好きになってくれたらいいなぁと思います。コタさんはああ見えて触られるのあまり好きではなかったですからね~。

がんちゃん  
No title

> koyucbaさん
おじさんと犬との関係はやはりそういう軍隊っぽいものが多いのかもしれませんねぇ。人間もそうでしょうが厳しくされて力を発揮するタイプの人もいるかもしれないので、是非ともそのおじさんが飼う犬達はそういう不屈の精神の子にしておいてもらいたいですね。
飼い主さんと犬の組み合わせの数だけやり方があると思っています。私も日々探りながらですがその探りながら変化させていくことは大切にしたいと思います。こゆりちゃんと寄り添って過ごされている姿、きっときっとこゆりちゃんの将来に花咲くと思います!

がんちゃん  
No title

> pochimaruさん
まるこちゃんは病気のこともあり、いろいろな事に耐えているので少々ムキッ歯でもいいと思います!私もたきが痛み上がるかも?って時は厳しくできませんでしたが、今は血液検査でも炎症は出てないので手加減せずに向き合うことができます(笑)とは言え、コタさんで散々反省したはずの短気さが相変わらず出てしまう私です。

Leave a reply